Wordpress
Update PHP Version

Update
To PHP Version
7

Learn More

ようこそ。お待ちしておりました。

このWebページを見ているということは
少なからず、PHP 7系アップデートについて
興味があるといことでしょう。

アップデートする、しない関わらず、まずは現状を見てみましょう。

さぁ一つずつ
少しずつ
見ていきましょう。

Q.あなたはWEBサイトをお持ちですか?

あなたは、WEBサイトをお持ちですか?
ブログもWEBサイトの一つです。

再度、質問します。
WEBサイトをお持ちですか?

Image

Webサイトのお持ちの方、お持ちではない方

代理営業
集客
自動化
コスト削減
販売代行
問い合わせ対応
予約受付
宣伝
資産化

メリットがたくさん

持っていない方

SP対応
タグミス
HTTPS対応
OGP
メタタグ
リンク切れ
表示崩れ
JSエラー
表示速度

再度、確認してみましょう

持っている方

ご存知でしょうか?

WEBサイトが世界に10億も存在していることを。

1,935,884,905 Webサイト
※2018年12月04日 現在

Webサイト数 増加率
1991 1 0.00[%]
1992 10 900.00[%]
1993 130 1200.00[%]
1994 2738 2006.15[%]
1995 23500 758.29[%]
1996 257601 996.17[%]
1997 1117255 333.72[%]
1998 2410067 115.71[%]
1999 3177453 31.84[%]
2000 17087182 437.76[%]
2001 29254370 71.21[%]
2002 38760373 32.49[%]
2003 40912332 5.55[%]
2004 51611646 26.15[%]
2005 64780617 25.52[%]
2006 85507314 32.00[%]
2007 121892559 42.55[%]
2008 172338726 41.39[%]
2009 238027855 38.12[%]
2010 206956723 -13.05[%]
2011 346004403 67.19[%]
2012 697089489 101.47[%]
2013 672985183 -3.46[%]
2014 968882453 43.97[%]
2015 863105652 -10.92[%]
2016 1045534808 21.14[%]
2017 1766926408 69.00[%]
2018 1935884905 9.56[%]
Image

Webサイトの年月グラフ

ただし、この数字は

【ネームサーバによってIPアドレスに解決することができるユニークなホストネーム】

【その75%は現在ではアクティブではなく、取得はされているが使われていないものもある】

つまり
25%

ざっくりであるが

4億8397万1226Webサイトが

アクティブなWebサイトである

世界の人口数は【 7,597,175,534 】なので

世界の15人に1人がWebサイトを
持っていることになる

Q.では、Wordpressの数はいくつ?

A.世界のWebサイトの内、約32.5%がWordpressです。

よって、 1億5729万0648 Webサイトが
【Wordpress】ということになる

※違う統計データを組み合わせているので、ざっくりの数字である

では、気になる日本の
Wordpressの率は
いくつなのだそうか

Wordpress全体に対して
日本の使用率は

6% である

ざっくり計算で算出された
世界のWebサイトのWordpressは

1億5729万0648 なので、
日本のWordpressのサイトの数は

943万7438 Webサイト

その他のデータ

ここで、ある項目の統計に
注目して

ある点に気づいてもらいたい。

気づいて頂けただろうか?

PHP 7.1以上の%が

18.8%

のみであることを

なぜ・・・

なぜ・・・・

この質問をしたか

お分かりだろうか?

その意味を回答しましょう

回答するその前に
あなたが運営している

WordpressのPHPのバージョン

把握できていますか?

どちらのPHPをお使いですか?
どちらかをタップしてください

PHP 5.x系
PHP5.0 〜 PHP5.6.34

PHP 7.0.xx系
PHP 7.x系
PHP7.1 〜 PHP7.3

SAFE

大丈夫ですね。
あとは、画像、JSの圧縮などのフロントエンド側に力を注ぎましょう。

危険信号です。
PHP5.x系の公式サポートが2018年12月31日までとなっているからです。

PHP7.0の公式サポートは2018年12月03日までです。

PHP セキュリティサポートが終了した場合の問題点

ハッキング
クラッキング
データの漏洩
信用の損失
PV数の減少
価値の損失
脆弱性
NOセキュリティアップデート
検索順位低下
トラッフィック数の低下
セキュリティリスク
デシリアライズ
メモリ破損

ざっくりでありますが、脆弱性により、上記の問題点が挙げられます。

あなたが作った分身でもある

Webサイトの価値

落としたいですか?

大多数の方がきっと落としたくないはずです。

ですが、ほとんどの方が以下の不安を抱えています。

バージョンの上げる方法
ミスりたくない
何かあった時の対応
自分でできるか
変なふうにいじりたくない
きちんと引っ越しができるか
エラー対応ができるか
動かなくなったらどうしよう
よくわからないけど、不安がある
わからないことがわからない

「自分でなんだかんだで、wordpressをインストールできたし、
自分でやってみるか。」

だが、それが甘かった。。。

実際に素人が起こした悲劇一覧の一部を挙げます。

バージョンの上げる方法
ミスりたくない
何かあった時の対応
自分でできるか
変なふうにいじりたくない
きちんと引っ越しができるか
エラー対応ができるか
動かなくなったらどうしよう
よくわからないけど、不安がある
わからないことがわからない

このように、悲劇が現実に起きています。
直せた方もおりますが、多くの方が、予定より時間がかかっているのが現状です。

少し不安になりましたか?
なる方が、普通かもしれません。
なぜならば、あなたはその専門家ではないのだから。

ですが、その問題点を解消できたら、どう思いますか?

少し話がずれますが、この点については気になりませんか?

モバイルサイトの速度チェックレポート
一番大事なトップページのタグミスチェック

現状、今でしたら、
上記2つの項目も合わせて、
まとめてご相談にのりまして
問題解消をすることができます。

現状のPHPのバージョン確認
PHPバージョンのアップ
バージョン後のエラー対応
モバイルサイトの速度チェックレポート
一番大事なトップページのタグミスチェック

もし、ご相談がありましたら、下記までにご連絡くださいませ。